アクセス 電話する
090-1839-7936

食べるハーブシリーズ その4 ニンニク

*食べるハーブ その4はニンニクです。

 

そう、ガーリック!

 

 

 

日本は、食べれるハーブがあるので、食事に簡単に取り入れられます。

 

簡単に取り入れられるのがいいですよね~。

 

 

 

ガーリックの科名は、Allium sativum

 

科名は、ユリ科です。




ガーリックが、薬用として使われたのはエジプトの時代までさかのぼります。


エジプト時代は、奴隷のスタミナ源として使われたことが記載されて残っています。


アーユルヴェーダの医師でも、抗菌作用を目的として、1世紀から使われていました!というくらい、古くから使われているハーブなんですね。




ガーリックは、抗菌作用、抗酸化作用(身体のさびをとる)、血をサラサラにする、コレステロールが下がる、免疫力あげるなどの作用があります。


血をサラサラにする薬を飲んでいる人が、大量に取ると、血がサラサラになりすぎて出血が止まりにくくなるので注意してください。


料理に使う分には、多く使わないかとは思いますが注意してください。




ガーリックの特徴としては、そのままだと無臭ですが、ガーリックと刻むとアリナーゼという酵素の作用を受け匂いのあるアリシンに変わります。


これがガーリックの独特の匂いになります。


食べてコレステロールが下がったり、血がサラサラになったり、身体のさびをとったりするなど、いい作用があります。


意外でしたか?


食べ物の中にもハーブで使っているものがあるんです。


ハーブを食事で取り入れるのもいいですよ。




このように食べ物だけど、ハーブにもなるよ~という話は、ハーバルセラピスト養成講座の中にも入っています。


私が教えるハーバルセラピスト養成講座は、色々な視点から健康になるにはどうするか?ということも含めて話しています。



=食べるハーブシリーズ=

食べるハーブ その1ジンジャー

ジンジャーシロップ

食べるハーブ その2 ごぼう
食べるハーブ その3 マイタケ