アクセス 電話する
090-1839-7936

食べるハーブシリーズ その2 ゴボウ

こんにちは。横浜市港北区で薬剤師が教えるメディカルハーブ教室の渋谷亜弥(しぶたに あや)です。


薬草魔女の会は、ハーブの資格だけでなく、ハーブを生活に幅広く取り入れられるように講座をしています。




食べるハーブシリーズ その2 は 牛蒡(ゴボウ)です。


一時期、南雲先生がごぼう茶でダイエットして20kg落としました~というので、ごぼう茶がはやりましたね。


今も流行っているのでしょうか?


夏の時期は、ごぼうは旬ではないので、ごぼうの流通も少ないかもしれないですね。


実は、スーパーには、通年性でゴボウはでていますが、ゴボウの旬は秋から冬ですよ~。


この時期に食べるのが、身体に合っていると思います。



実は、ヨーロッパやアメリカでは、ごぼうを食べないんですよ。


そのため、ごぼうをハーブで使うんです。


その話を聞いて、私も初めビックリしました。


食文化の違いってやつですね~。




日本は、ごぼうを食べる国なので、ごぼう茶ではなく、ごぼうを食べればいいのではないかと思ってしまいます。


ただし、何事もバランスが大事だと思います。


ハーブでは、ごぼうをバードックといいます。


では、牛蒡の簡単な説明です。


学名 Arctium lappa で、科名はキク科


使うのは、根


成分は、イヌリン、粘液質、ポリアセチレン、苦味配糖体(アルクティイン)など


作用は、体質改善、緩下、浄血、抗菌、血糖降下、強壮作用などがあります


注意として・・・キク科なので、キク科のアレルギーのある方は注意してください。


湿疹、ニキビ、蕁麻疹などに用いられることが多く、血液浄化や肝臓の代謝をよくする意味で使われます。


バードックは、体質改善で使われることも多いハーブの1つです。



私の中で、体質改善というと、ダンデライオンかバードックが思い浮かびます。


肝臓の作用を助けてあげたり、体質改善でも使えたり、イヌリンという食物繊維が入っているので便秘にもいいです。


ごぼう茶もいいですが、直接ごぼうを食べる国なので、ごぼうを料理に使ってとるのがお勧めかなと思います。




ちなみに、うちではカレーや鍋にごぼうは必ずいれてます。


ごぼうは、野菜ではあまり注目されないかもしれないですが、いい作用をもっているんですよ。


使ってみてくださいね~。



このように食べ物だけど、ハーブにもなるよ~という話は、ハーバルセラピスト養成講座でしています。


私が教えるハーバルセラピスト養成講座は、色々な視点から健康になるにはどうするか?ということも含めて話しています。

資格だけではなく、日常生活にハーブを取り入れられるハーバルセラピスト養成講座は、こちらです。