アクセス 電話する
090-1839-7936

食べるハーブシリーズ その3 マイタケ

今回は、マイタケを取り上げます。


日本は、海外でハーブ扱いされてる物の中で、食べれるものがあるというのは便利です。


では、マイタケって、あのマイタケです。


秋になるとスーパーに多くでてきますよね。


マイタケの学名は、Grifola frondosa。


科名はサルノコシカケ科です。




海外では、やはり食べないためにハーブとして売られています。


日本は、普通にスーパーに売っているので、食事に取り入れるといいと思います。


マイタケの研究が行われ、今では、高血圧、糖尿病、免疫を上げるなどの報告があります。


生活習慣病によいとされています。




マイタケの成分の中で注目されてるのが、βグルカンなどの多糖類です。


最近、この多糖類は、抗ガン作用もあるといわれています。


ますます注目が浴びています。


日本では、マイタケが手軽に使えるので、食事に取り入れる方がいいかと思います。


秋になるとキノコが並ぶので、食卓に取り入れ、


季節の変わり目など免疫が落ちそうな時のサポートをしてあげるといいと思います。




このように食べ物だけど、ハーブにもなるよ~という話は、ハーバルセラピスト養成講座の中にも入っています。

私が教えるハーバルセラピスト養成講座は、色々な視点から健康になるにはどうするか?ということも含めて話しています。