アクセス 電話する
090-1839-7936

メディカルハーブを飲む時

メディカルハーブを飲む時ってどんな時があるの? 

 

という疑問のヒントになるといいな~と思い書きました。

 

ぜひぜひ、参考にしてくださいね~(^^)

 

2015年

5月

31日

メディカルハーブを飲む時 その4

メディカルハーブ検定やハーバルセラピスト養成講座の中で、ハーブって色々な使い方ができますよ~とお話しています。

 

 

 

例えば・・・

 

1 健康にいいから飲みたい


2 予防として使いたい


3 症状を治すサポート(病気になった後)としても使いたい


4 薬を飲んでいる時でも使いたい

 

こんな感じで使えます。

 

 

もちろん、料理にもクラフトにも使えますよ。


ここでは、あえて料理やクラフトに関しては、ちょっと置いておきますね。


飲む方メインで考えようと思います。

 

 

 

昨日は、3 症状を治すサポート(病気になった後)としても使いたい を書きました。


今日は、4 薬を飲んでいる時でも使いたい です。

 

 

 

これは、私が使ってきた部分にもなりますね。


薬とハーブ、似た作用があるんですよ~。


私は、薬との相互作用を必ず確認して使うようにしています。


もちろん生徒さんにも、必ず薬との相互作用はどうか?を確認するように話しています。

 

 


そして、薬を使っていても、使える方法もお話しています。

 

私は、子宮疾患があり、薬を服用しています。


それでも、予防や、病後でハーブは飲んでいます。


もちろん、薬を重ならないように飲んでいます。

 

薬を飲んでいても、使えるハーブはあります。


なので、薬との飲み合わせ、サプリメントとの飲み合わせはどうか?を必ず確認するといいです。


薬との飲み合わせや確認は、講座の中では、ミミタコ状態で話していますよ。




メディカルハーブを飲む時 その1 の記事です。


メディカルハーブを飲む時 その2 の記事です。


メディカルハーブを飲む時 その3 の記事です。


 

2015年

5月

30日

メディカルハーブを飲む時 その3

メディカルハーブ検定やハーバルセラピスト養成講座の中で、ハーブって色々な使い方ができますよ~とお話しています。

 

例えば・・・

 

1 健康にいいから飲みたい

 

2 予防として使いたい

 

3 症状を治すサポート(病気になった後)としても使いたい

 

4 薬を飲んでいる時でも使いたい

 

こんな感じで使えます。

 

 


もちろん、料理にもクラフトにも使えますよ。

 

ここでは、あえて料理やクラフトに関しては、ちょっと置いておきますね。

 

飲む方メインで考えようと思います。

 

 


昨日は、2 予防として使いたい の事を書きました。

 

今日は、3 症状を治すサポート(病気になった後)としても使いたい です。

 

 


病気になって、そのあとのことですね。

 

まあ、薬も飲んでいたり、飲んでいなかったりかなと思います。

 

ここでは、飲んでいない場合を書きます。

 

 


風邪が治った後に飲むハーブ、といった方がわかりやすいかな。

 

風邪をひくにも理由があるんですよ。

 

身体の免疫機能が下がっているというのもありますね。

 

風邪薬は、だいたい5日分処方されますね。

 

その後、まだ症状が残っている人は病院に行き、追加5日分処方となりますね。

 

薬を飲み終わったから、風邪が完治するわけでもないんですよね。

 

特に、働いたり、忙しかったりすると余計ですね。

 

そういう経験は、私もいっぱいしています。

 

薬が切れた後にも、ハーブはサポートできますよ~。



免疫を上げるもの、ビタミンCが多いもの、ビタミンやミネラルが多いものを選ぶといいですよ。

 

このように、病気の後のサポートもしっかりとできるんですよ~。




メディカルハーブを飲む時 その1 の記事です。


メディカルハーブを飲む時 その2 の記事です。

 

2015年

5月

29日

メディカルハーブを飲む時 その2

メディカルハーブ検定やハーバルセラピスト養成講座の中で、ハーブって色々な使い方ができますよ~とお話しています。

 

 

例えば・・・

 

1 健康にいいから飲みたい

 

2 予防として使いたい

 

3 症状を治すサポート(病気になった後)としても使いたい

 

4 薬を飲んでいる時でも使いたい

 

こんな感じで使えます。

 

 


もちろん、料理にもクラフトにも使えますよ。

 

ここでは、あえて料理やクラフトに関しては、ちょっと置いておきますね。

 

飲む方メインで考えようと思います。

 

 


昨日は、1 健康にいいから飲みたい の記事を書きました。

 

今日は、2 予防として使いたい です。


 

 

一番多いのが、花粉症の予防や風邪の予防でしょうかね。

 

これもハーブの得意とするところですね。

 

この場合は、ハーブの作用をしっかり選んでいくことが大事になります。

 

どういう目的で使うのか?明確にしてから、ハーブを選ぶといいですよ。

 

あまりにもハーブの種類が多いと、何が効いてるのかわからなくなります。

 

種類は多めにしない方がいいかと思います。

 

 


私の場合でお話しすると・・・

 

予防としてブレンドハーブを作る場合は、ハーブの種類は,多くて5~6種類使いますね。

 

最大7~8種類までにします。

 

これは、あくまで私のお話ですよ~。


メディカルハーブを飲む時 その1 の記事です


2015年

5月

28日

メディカルハーブを飲む時 その1

【メディカルハーブを飲む時 その1】


メディカルハーブ検定やハーバルセラピスト養成講座の中で、ハーブって色々な使い方ができますよ~とお話しています。


例えば・・・


1 健康にいいから飲みたい


2 予防として使いたい


3 症状を治すサポート(病気になった後)としても使いたい


4 薬を飲んでいる時でも使いたい


こんな感じで使えます。




もちろん、料理にもクラフトにも使えますよ。


ここでは、あえて料理やクラフトに関しては、ちょっと置いておきますね。


飲む方メインで考えようと思います。




1 健康にいいから飲みたい


ハーブってなんか身体に良さそう!健康にいいかも!という場合ですね。


この場合は、美味しく飲む方がいいですよね~。


ハーブ自体が、抗酸化作用があり、老化防止に役立ちます。


美味しく飲めるようにブレンドするといいですね~。


好きなハーブを入れたり、色どりを綺麗にするといいですね。


香りの高いものを入れてもいいですよ~。


美味しく飲み続けられることを意識するといいと思います。


ただ、同じものをず~っと飲んでいると、香りにマヒするので注意してくださいね~。

続きを読む